お金の管理ができない人ほどシステムに頼るべき

10月 21, 2021お金を稼ぐ,キャリアのヒント,仕事,外国為替,投資,経済

お金が貯まらないある知り合いの話です。彼女は、とてもお金の管理が下手で、毎月、きれいに全てを使いきってしまいます。赤字になり、人から借りることもしばしば。

そんな彼女にあるアドバイスをしました。それが、システムの導入です。そもそも、意思の弱い人です。そんな状況で「気持ちを強く持って」などと言っても、何も意味がありません。そもそも、人は楽をしたがる生き物です。

だからこそ、システムの力を借りましょう。例えば、一番便利なのが、給料から自動的に一定額を引いて、それを投資に回してもらうシステムです。多くの会社で導入されていますので、是非ともお試しください。

これがない場合には、毎月の給料から、最初に貯金したい額を引き出してしまいましょう。これをそのまま、タンス貯金に入れます。それだと使ってしまう、という人もいるかもしれません。

そんな場合には、別の貯金専用の口座に振り込むのも、確定拠出年金などの口座に入れて引き出せないようにしてしまうのも効果的です。

また、家族の力を借りることもお勧めします。結局のところ、一人では、甘えが先行するものです。ま、いっか…という気持ちに歯止めをかけるには、誰かの介入が必要です。

このように、今回は、甘えを許さない、そもそも、意思の力が必要とされない仕組みをつくることについてご紹介しました。是非ともお試しください。