株式の理想は「存在を忘れること」ではないか

8月 3, 2022お金を稼ぐ,仕事,外国為替

最近の気づきを、このように文字にして残しています。株式には、魅力があります。お金を何倍、何十倍にでも増やすことができる。そんな夢が詰まっています。実際、やり方次第では可能ですし、決して幻想の類いではありません。

よく、株式投資でどのように稼ぐのか、というテーマを扱った記事を見かけます。当然のように、書籍の数も、無限と言えるほどです。あなたは、この状況を前にして、どんなことを思うでしょうか。普通でしょうか。それとも、違和感を抱くでしょうか。

私は、後者です。株式とは、たしかに、投資手段です。投資をするということは、お金を増やすことが目的になります。しかし、多くの人が、お金を増やした後に、何をしたいのか、どんなことになるのか、という部分をあまり考えていません。

たしかに、お金はないよりは「あった方がいい」です。これにより、多くのことができるようになります。人を幸せにすることができます。

しかし、もし、お金についての心配を取り去る手段として株式を利用できたらどうでしょうか。普段は「一切考えることなく」、ただ、寝かせておく。思い出した時にチェックすると、数百万、数千万という額が増えている。さあ、そのお金で、旅にでも出るか。そんな人生は素敵だと思いませんか。お金の先にある目標を考えた上で、投資後には「忘れる」─そんな生き方ができれば、良い意味で「脱力」し、毎日を楽しむことができるのかもしれません。