お金が貯まる人と貯まらない人の違い

10月 20, 2021お金を稼ぐ,キャリアのヒント,仕事,外国為替,投資,経済

お金が貯まる、貯まらない。その間にある違いが、人生を大きく左右します。誰もが、お金を必要とします。このご時世、特に何があるかわかりません。何かがあったときのための、備えが必要になります。

そんな中で、お金がどんどん貯まる人もいれば、これに振り回されて悲鳴を上げている人もいます。どちらになるかは、あなた次第です。

お金が貯まる人は、目標から日々の行動にまで、明確な思考のつながりを持っています。つまり、世界一周をしたい、という目標があったら、そのために200万円の貯金をする

必要があり、毎年40万円とすると、5年で…1ヶ月あたりの貯金額は3万3333円に。

そのためには、毎月、外食に使っているお金を何とかしよう。そんなはっきりとしたつながりです。お金が貯まらない人は、往々にして、世界一周をしたいなぁ、いつか200万円を貯めよう。5-6年はかかるかな…というように考えます。このように、非常に曖昧です。

これだと、日々のアクションが全くわかりません。日常と目標が乖離しています。だからこそ、毎月の貯金が増えず、「なあなあ」のまま進んでいくのです。

心当たりがある方は、是非とも、目標から明確にさかのぼっていく練習をしてみてください。目標額があっても、それが宙に浮いている状態では、何も意味がありません。最終的に、毎日、何をすべきなのか─これを具体的にプランニングしてみましょう。